意志が続かない私

私にとって美容といえば、一条ゆかり先生です。 一条ゆかり先生は、少女マンガの女王として有名で、長い間トップの方でした。 この先生がなんで美容と結びつくかというと、食事と美容についての本も書いているからです。その本に書かれていることは、美容に興味がある人なら誰でも知っているようなことばかりですが、その本を読んだ当時の私にとっては、はじめて知ることばかりで、とても勉強になりました。 たとえばコラーゲンのとり方です。お肉を食べてコラーゲンをとるのは、同時に脂肪分も多くとることになるので、その脂肪分をとりのぞいてコラーゲンだけにするジュレの作り方とか(長い時間煮るので実行してませんけど)、ゼラチンもコラーゲンだとか(ゼリーを作ったり、ゼラチンを溶かして飲んだりしました。効き目があったのかどうかは・・・)。 先生はけっこうな金額を美容にかけていたので、同じようにはできませんが、参考にできるところはいくつもあります。普段の食事はシンプルに、たまにゴージャスにしてメリハリをつけるとか。 座り仕事の先生の努力を見て、私も頑張ってダイエットしようと思いましたが、その気持ちが続かないのが自分でも残念です。私の意志がもっと強ければ、ダイエットはとっくに成功していました。

良質な油を摂って美肌とダイエット

油は太ると思って、女性とくにダイエット中は油を控える傾向にあります。たしかに、油はカロリーが高いので摂り過ぎればカロリーオーバーで太ります。しかし、良質な油を摂れば、美肌によくてダイエットにもなるので…

ハンドケアもちゃんとしようと思います

先日のことです、仕事でノートパソコンのキーボードを操作していました。
その際に、ふと自分の手を見て、何だか自分の手ではないように感じてしまいました。
こう思ってしまったことには…

少しずつ変えていく

ダイエットといえば、食べ過ぎないで運動すれば成功する、それはわかっているけれど、それを実行できないから、あらためて”ダイエット”というものをしないといけないわけです。 食べ過ぎないで運動、という生活はやせるためというより、健康のためにいいことです。なのでまず、やせることより「健康になる!」ということを目標にすれば、ダイエットが成功する・・かもしれません。 でも私は今のところ、生活改善を考えるほど体が悪いわけではないので、健康のためのダイエットというのでは、動機が弱すぎます。健康ならダイエットしなくてもいいじゃないかと思えないところが乙女心というか・・。 健康な人のダイエットの場合、やせることをあせるためにむちゃをしてしまうことがあります。私もそうならないように気をつけないといけないと思っています。なので一気に変えるのではなく、少しずつ食事を変え、少しずつ運動をすることにしました。 まだやせてはいませんが、変化が少しありました。体がやわらかくなり、お通じが以前より少しよくなりました。とりあえず健康にはなっているようです。それで満足しないといけないのかもしれませんが、やっぱりもっと体型をすっきりさせたいです。